【背景】

【目的】

本事業の全体の目的は、若手研究者の代表的なキャリアとして次の3つ、

  1. 企業の研究者(企業での研究能力)
  2. 大学や公的機関での研究者(アカデミアンとしての資質)
  3. 学芸員など(サイエンスコミュニケーターとしての資質)

について考え、これらのキャリアに必要とされる能力(研究遂行およびマネージメント能力)を育成するために、任期つき助手やポストドクターに対して以下の4つのプロジェクトを実施することを目的とする。

  1. 双方向人材流動型共同研究:
    若手研究者を長期間にわたり連携企業に派遣し、企業内でプロジェクトを共同実施する。一方企業からの人材をプロジェクト助手あるいは研究員として大学で任用し、プロジェクト研究を実施する。これらをはじめとする人事交流によって大学、連携機関の両者に蓄積されたキャリアに関する「暗黙知」を交換する。
  2. 博物館等での研修:
    科学技術展示の企画やそれを実施することによりサイエンスコミュニケーターとしての資質を涵養する。
  3. OJTを用いたプロジェクトマネージメント能力の育成、短期集中研修:
    研究プロジェクトを利用したOJTによって問題発見・解決能力、企画力、プロジェクトマネジメント力を育成する。
  4. データベースの作成準備:
    任期付助手,ポストドクター,博士後期課程学生等のキャリアに関する専門分野及び希望の調査。企業等における研究開発者・高度技術者の分野ごとの需要に関して面接及びアンケート調査を行う。結果をデータベース化する準備を行う。

Back To Top