令和4年度のページのもくじ         (2022.7.21)
  • (7.21) 研究者育成プログラムセミナー(第3回)の開講予定
  • (7.14) 「次世代研究者挑戦的研究プログラム」実施校の交流会提示資料
  • (7.05) 後期の次世代研究者挑戦的研究プログラム選抜学生の募集
  • (6.20) AI×研究データマッチングイベント-新たな研究の可能性をDAIラボ(Diversity×AI)で-
  • (6.02) 知的財産セミナー~研究成果を知財として守ること~基礎コース
  • (5.30) 研究者育成プログラムセミナー(第2回)の開講予定
  • (4.28) 「やまぐち未来創発塾」新塾生認定書授与式・交流会の開催
  • (4.19) 「やまぐち未来創発塾」新塾生への説明会
  • (4.14) 研究者育成プログラムセミナー(第1回)の開講予定
  • (3.29) 「キャリアデザインⅡ」の開講予定
  • (3.28) 研究科共通科目の開講予定
  • 事業の概要説明
    令和3年度のページ

    9月16日 研究者育成プログラムセミナー「伝わる研究プレスリリース、制作のコツ」が開催されます
    研究成果を社会に発信し、外部資金を獲得するためには、効果的なプレスリリースや申請書づくり、研究発表が欠かせません。自ら情報発信するウェブの手立ても増えていますが、新聞を含む大手メディアの記者に「これは何としても、社会に伝えなくてはいけない!」と思わせる、優れたプレスリリースづくりは重要です。大学・研究者と社会の間に立つメディア記者は、あまたあるリリースの中からどんな点に注目し、ボツと記事掲載の案件を決めているのでしょうか。本セミナーでは記者の視点で、プレスリリース制作のコツやメディアとのコミュニケーション術を伝授します。リリースの実例添削も予定しています。ふるってご参加ください。
    本学の教職員・学術研究員、大学院生等はオンラインで視聴できます。事前申込者に限り、セミナー終了後1ヶ月間WEB上で録画を視聴できるので、理系、文系を問わずに申し込みましょう。詳しくはこちらをクリック。

     なお、やまぐち未来創発塾の塾生の場合、セミナー参加実績のポイントになります。


    もくじに戻る

    7月14日 「次世代研究者挑戦的研究プログラム」実施校の意見交換会がJST-SPRING事業部主催で開催されました。 山口大学が提示した説明資料はこちらです。


    7月5日 2022年後期の次世代研究者挑戦的研究プログラム選抜学生の募集開始 NEW
      22年度10月博士後期課程入学生対象の募集が始まりました。提出書類は電子媒体で8月22日正午必着です。

     募集について 研究科長への依頼文  令和4年7月5日
    日本語English
    2022年度(令和4年度) 10月募集要項 Application Guide
    申請書 様式1 Application Form 1
    (別紙)やまぐち未来創発塾について (Append) Future Creation School
    JSTのQ&AQ&A Q&A
    申請締切: 8月22日(月)12時 までに書類はpdf形式で各研究科担当係にmail添付で提出、係はとりまとめて学生支援課に提出
    ・書類審査を経て、9月上~中旬に面接審査が行われ、9月下旬に採択が決定されます
    ・採択予定数は約6名 
    ・募集についての問い合わせ先 学生支援部学生支援課


    もくじに戻る

    7月28日(常盤キャンパス)、29日(吉田キャンパス)にて
     「知的財産セミナー~研究成果を知財として守ること~基礎コース」 が開催されます。 NEW
    本学の教職員・学術研究員、大学院生・学部生等が対象です。詳しくはこちらをクリック。案内のウエブページから申し込みが必要です。

     なお、やまぐち未来創発塾の塾生の場合、セミナー参加実績のポイントになります。


    もくじに戻る

    6月25日KDDI維新ホールにて
     AI×研究データマッチングイベント-新たな研究の可能性をDAIラボ(Diversity×AI)で- が開催されます。
    本学の大学院生も対象です。詳しくはこちらをクリック。研究の視野を広げるうえで、大いに参考になるでしょう。案内のウエブページから申し込んで下さい。

     なお、やまぐち未来創発塾の塾生の場合、セミナー参加実績のポイントになります。


    もくじに戻る

    6月21日 研究者育成プログラムセミナー「外部資金獲得のためのビジュアルデザイン入門」が開催予定
    本学の教職員・学術研究員、大学院生等はオンラインで視聴できます。事前申込者に限り、セミナー終了後1ヶ月間WEB上で録画を視聴できるので、理系、文系を問わずに申し込みましょう。詳しくはこちらをクリック。

     なお、やまぐち未来創発塾の塾生の場合、セミナー参加実績のポイントになります。


    もくじに戻る

    5月24日 研究者育成プログラムセミナー「研究の質を高める統計学のチェックポイント」が開催
    本学の教職員・学術研究員、大学院生等はWebexで視聴できます。事前申込者に限り、セミナー終了後1ヶ月間WEB上で録画を視聴できるので、理系、文系を問わずに申し込みましょう。詳しくはこちらをクリック。

     なお、やまぐち未来創発塾の塾生の場合、セミナー参加実績のポイントになります。


    もくじに戻る

    5月18日 「やまぐち未来創発塾」新塾生への認定書授与式ならびに塾関係者の交流会を開催 
     新たに塾生に選抜された院生に学長から認定証が授与されます。また、すでに塾生となっている院生を加え、メンター教員同席の上で交流会が開催されます。
     新塾生が加わるシン・文殊グループでは、グループ活動の出発点となります。既存のグループでも、メンバーとの対面の機会です。万障繰り合わせて参加して下さい。

     日時: 令和4年5月18日(水)
      [第1部] 認定証授与式  14:00~14:40
      [第2部] 新規認定学生と既認定学生との交流会  14:50~15:50
     会場: 吉田キャンパス大学会館2階会議室(予定)


    4月21日 「やまぐち未来創発塾」新塾生への説明会が開催されます

    異分野融合研究実践型博士後期課程学生育成プロジェクト説明会について
     標記の件について、2022年4月選抜者向けに以下の日時で説明会を開催いたしますので、 貴研究科の該当学生は参加いただきますようお願いいたします。
     また、選抜学生の指導教員にも、できる限り参加していただければと存じます。
     当該説明会については、録画を行い、後日、キャリアパスデザイン推進室のホームページに 掲載する予定にしています。ご参加いただけなかった場合は、そちらをご確認いただきますようお願いいたします。
    ●説明会:4月21日(木)16:00~
    学内限定で、説明会の動画(mp4;81MB)が視聴できます。欠席の方や、もう一度丁寧に視聴したい方はどうぞ。
     本プロジェクト実施にあたり、引き続きご支援・ご協力のほど、 よろしくお願いいたします。
    山口大学学生支援部 学生支援課


    もくじに戻る

    3月29日 令和4年度創成科学研究科「キャリアデザインⅡ」の開講予定  
     シン・文殊グーループに参加の皆さんには受講が強く要請されている科目です。時間割を参照
    第1講は異分野融合研究実践型プロジェクト事業統括の堤学長特命補佐によるプロジェクトの意義とキャリアパス形成に関する講義です。 講義の履修を考えている新入生だけでなく、このプロジェクトに採択された院生(2年生以上を含む)全員、および今後に プロジェクト申請を考えている人は参加をお願いします。
    オンライン受講希望者は前日までにメールで申し込んでください。 email: career(at)yamaguchi-u.ac.jp
    なお、研究科共通科目「技術ロードマッピング特論」との重複を避けるため、一部、変更されました(4月5日)。


    3月28日 令和4年度創成科学研究科共通科目の開講予定
      シン・文殊グーループに参加の皆さんには受講が求められている科目があります。時間割を参照して、計画的に受講してください。
     Class Schedule of Graduate Subjects for Doctoral Course Student


    もくじに戻る

    事業の概要説明

    "シン・文殊グループ" を核とする
    異分野融合研究実践型博士後期課程学生育成プロジェクト 山口大学
    Project on Training of Doctoral Students at Yamaguchi University through Interdisciplinary Research Practice

     JSTが文科省の委託で実施する「次世代研究者挑戦的研究プログラム」に応募していた山口大学の標記プロジェクトが採択され、本学の全研究科の博士後期課程学生の中から選抜をへて約36名に年間約220万円の生活費と若干の研究費が支援されるDC生支援プロジェクトが始まりました。
     選抜された大学院学生は「やまぐち未来創発塾」の塾生として、各自の研究課題に加えて、異分野融合実践型の研究テーマを併せもって「シン・文殊グループ」の活動を行います。
     博士後期課程の学生の皆さんで条件に合う人(標準修業年限内であり、相応の収入等がある人を除く、など)は、本学のプロジェクトの募集要項をよく読んで、奮って申請に応募してください。募集要項、申請書等は別項を参照。(2021年9月7日)

     この新規プロジェクトの決定についてのJSTの説明を転記します。

     JST(理事長 濵口道成)は、「次世代研究者挑戦的研究プログラム」における新規プロジェクト40件を決定しました。
     本事業は、博士後期課程の学生が研究に専念できる環境を整備し、卓越した博士人材の育成や輩出を目指す事業です。博士後期課程の学生は、日本の科学技術・イノベーションの将来を担う存在ですが、近年、「博士課程に進学すると生活の経済的な見通しが立たない」「博士課程修了後の就職が心配だ」といった理由から、修士課程から博士後期課程への進学者数や進学率が減少傾向にあり、危機的な状況が指摘されています。そうした状況を踏まえ、本事業では、既存の枠組みを越えて優秀な博士後期課程の学生の選抜などを行う事業統括を選定し、当該事業統括により選抜された学生に対する生活費相当額および研究費の支給や、キャリア開発・育成コンテンツの提供をはじめとする多様な支援を行います。
     今回の募集は、A日程として令和3年6月11日(金)から7月15日(木)まで行い、53件の応募がありました。募集締め切り後、外部専門家で構成された委員会による審査を実施し、その結果を基に40件の支援プロジェクトを決定しました。

    詳細については、JSTのホームページをご覧ください。
    もくじに戻る